自宅で行うセルフフットケアの方法

ボディスクラブでツルツル

この時に気をつけたのはゴシゴシ擦りすぎてしまうと、肌の乾燥を引き起こしてしまう可能性が高いので、指の腹で丁寧にマッサージすることを心がけました。
後はシャワーでしっかりボディスクラブを洗い流しお風呂から上がったら、清潔なタオルで水気を取り除きます。
スクラブでしっかり角質ケアを行うと、ツルツルの状態になるのでつい放置してしまいがちですが、角質ケア後の肌は一気に乾燥が進んでしまうのでお手入れを行った部分は早めにボディクリームを馴染ませ潤いを補給することが大切です。
一度保湿を怠った時に肌がガサガサになってしまった経験があるので、お風呂から上がったらすぐ保湿を行うようにしています。
後は潤いが逃げないように靴下を履けば完了です。
以前は軽石を使用していましたがボディスクラブの方が肌への負担も少なく、お手入れの頻度も2週間に1回程度でいいので習慣化して続けるようになりました。
このお手入れを始めるようになってからは、嫌な足のゴワつきや靴下の引っ掛かりもなくなりましたし、何よりサンダルなども綺麗に履きことなすことが出来て満足しています。

セルフで行うフットケアを極める | 角質ケアと保湿が重要 | ボディスクラブでツルツル